Skip to content Skip to footer

子どものいる暮らし

女の子の赤ちゃんに贈る − 今すぐ真似したい素敵な子供部屋のアイディア8選

もしあなたが妊娠しているなら、おそらく子供部屋のアイディアを求めてインターネット上をくまなく探し回っているはず。 だからこそ、今この記事をチェックしているわけですよね。 皆さんの面倒な手間が省けるよう、私たちが赤ちゃんのお部屋を飾る素晴らしいアイディアを一足先に探して、その中で見つけたお気に入りを厳選しておきました。皆さんのお気に入りにもなりますように。 1. 穏やかで素朴な子供部屋 子供部屋が真っ白だからといって味気ないというわけではありません。目標にしたいのは、@blossominginteriors でマリー・ルチアーノがしているように穏やかで心休まる感じにすること。 生花やぬいぐるみを加えると、お部屋全体がたちまち柔らかい雰囲気になりますよ。 これは ファームハウスがテーマのお家 にも完璧にマッチする子供部屋のアイディアの一つです。 https://www.instagram.com/p/B0ePIAjjNJI/?utm_source=ig_embed 2. ダスティピンクの壁 女の子のお部屋の装飾で最初に思い浮かぶ事と言えば、いつでもどんな時でもピンクですよね。 ここで問題となるのが、どんな色調のピンクかということ。 Our New Walls のアレクサがペイントしたのは絶妙な色合いのダスティピンク。お部屋にヴィンテージ感が出ていますね。 さらにそこに花を添えているのが、華やかでありながらミニマルな、雲と星と月のベッドモビール。 https://www.instagram.com/p/B0ylFLCHShs/?utm_source=ig_embed 3. ボヘミアンな演出 お家をボヘミアンなインテリアにしていますか? Cabuクリエーションズ のスタイルを応用して、女の子のお部屋にも取り入れてみましょう。 考え方は簡単。ジオメトリックプリントのラグを床に敷き、木製の装飾品をプラス、遊び心があってちょっとユニークなアート作品で壁を飾れば、ボヘミアンシックのニュアンスが生まれますよ。 https://www.instagram.com/p/B00_Cdbj6NO/?utm_source=ig_embed 4. ユニコーンの世界 マデレン がしつらえたお部屋を参考にして、女の子のお部屋に統一感のある夢見るようなおとぎの世界を作り出してみましょう。…

Read More

赤ちゃんがやってくる!その前に準備しておきたいこと6つ

妊娠中のみなさんは誰しも安定期前でも臨月でも突然の「赤ちゃんが生まれる前に家をなんとかしたい!」という逆らいがたい欲求に襲われた覚えがあるはずです。 今回は家族に新しいメンバーが加わる前に「これだけは整えておきたい」という6つをご紹介しましょう。 スペースを空ける 小さな小さな体の赤ちゃんですが、やってあげないといけないことは山ほどあります。だからスペースの確保は最優先!たくさんの「空きスペース」を作っておいて、ベビーたちが必要なものをしまえるようにしましょう。 まずは家中の不要なものを処分 。聞き飽きたという人もいるかもしれませんが、家にある全ての引き出しや戸棚を開けて、あなたが(そして赤ちゃんも)使わないものを捨てましょう。 Image Credit: Unsplash 片付けが終わるころには、あなたの家の暗く深ーい奥底から引っ張り出した不要物が、一体どれだけスペースをとっていたかに気づいてびっくりするはずです。例えば期限の切れた薬、読んでない雑誌など…よくある使っていない洋服や靴やアクセサリーだけがゴミではないんです。 それができたら 収納スペースを増やす面白いアイディアやヒント を駆使して家の中のスペースを最大限使えるようにしましょう。 壁に吊るして収納したり、ベッドの下のスペースを有効活用したり、おむつ替え台つきのベビーベッドなどの多目的な家具を買ったり、できることはたくさんあります! 食事は冷凍して備えよう Image Credit: Unsplash 少なくとも赤ちゃんが生まれて最初の数週間はのんびり料理をしている暇なんてありません。シャワーを浴びれれば万歳、なんていう日もあるくらいなんですから。調理や下ごしらえを事前にやってたくさん冷凍しておけば、いつでも手間いらずの家庭料理が疲れた体にパワーを与えてくれます。皿がひとつで済む煮物や、あらかじめマリネしておいたチキン、魚、ビーフ、ラム肉などもいいですね。 もしいろんな料理を見たいと思ったら、 冷凍OKのレシピがたくさん掲載されているHappy Money Saver を探せば、4人の子供がいながら在宅ワークを頑張るキャリーが美味しくて準備しやすい、ママにも家族にも嬉しいレシピをたくさん教えてくれますよ! お客がきても大丈夫?準備は万端に! Image Credit: Unsplash ママと赤ちゃんが退院して家に戻って来たらすぐにでも会いに行こうと待ち構えている人はたくさん!お客さんがきても慌てないようにポテトチップスやケーキ、アイスクリームなどのお菓子やすぐに出せるジュースなどの飲み物を用意しておきましょう。 棚をひとつ明けておいて、いただいたギフトを一時的にしまっておけるようにするのも良いアイディアです。あとで「もらったあれ、どこに置いたっけ?」ということにならずにすみますよ。 もし親戚などが泊まりで来て赤ちゃんのお世話を手伝ってくれるなどという時もあるかも知れません。ゲストルームは事前に整えておきましょう。ベッドシーツは洗っておき、タオルや歯ブラシやトイレットペーパーの予備などを揃えておけば、赤ちゃんのお世話の合間に慌てて用意せずにすみます。…

Read More

赤ちゃんに理想的なお部屋をデザインする8つのステップ

インターネットには理想的な子供部屋のイメージやアイディアが溢れていますよね。 ゴージャスなお部屋からミニマルなものまでその種類は様々。赤ちゃんのお部屋をデザインしようと思えば、数多くの選択肢から選ぶことができます。 デザインするにあたって、もし考えがまとまらず、どうしていいか分からなくなってしまったら、これからご紹介する簡単なステップバイステップガイドを参考にして初めてみて下さいね。 1. テーマを決める Image Credit: blmommy テーマを決めると選択肢が絞られ、求めるもののより明確な方向性が見えてきます。そうすることで統一感のあるデザインが完成しますよ。 テーマを選ぶには様々な方法がありますが、その一つとして、核となるポイントを選んで、そこを中心にデザインを決めていくというやり方があります。 例えば、コンテンポラリースタイルの大きな鏡をお部屋のポイントにするなら、その鏡の良さを引き立てるように、スマートでミニマルなラインとカラーを持つ家具を選ぶと良いでしょう。 そのほかの方法としては、あらかじめ特定のテーマを選んでおくやり方があります。 虹、海の生き物、あるいは猫やキリンといった動物などは人気がありますよね。お気に入りの本や映画のキャラクターをテーマにしてみてもいいですね。 子どもが大きくなってすぐに飽きてしまわないよう、年齢に左右されないテーマを選ぶようにしましょう。 2. 色を選ぶ Image Credit: blog.littleadi これはもしかすると赤ちゃんのお部屋をデザインする上で、最も難しい部分かもしれません。サンシャインイエローにするかパウダーピンクにするか?明るくはっきりした色を選ぶかパステルカラーにするか? 大事なのは色選びに”正解”はないということ。あなたの選んだ色がテーマ、その他の家具、そして部屋のサイズに合っていれば、基本的に好きなものを組み合わせれば良いのです。 アドバイス: この段階でペンキは買わないように。まずは布製品を揃えてそれに合わせてペンキを買う方が簡単ですよ。 3. ”主役”を考える Image Credit: unsplash 赤ちゃんのために買い揃える家具のうち、一番重要なのはベビーベッドですよね。ですから、見た目、機能性、そして何より予算に合ったものを選ぶことが大切です。…

Read More

なりたてパパママのための6つのお得な節約術

初めての育児は、ベビーグッズの買い物もついつい度が過ぎてしまって、知らない間にかなりお金を使ってしまっていた、という事態に陥りがちです。 そしてそれに気づくのは… クレジットカードの明細を見てひっくり返った時! 新米パパママにとって効果的な節約術を知っておくのはとっても大事。今回は新生児期の育児を上手に乗り越え、赤ちゃんも銀行口座も健やかにする、6つのアドバイスをご紹介します。 1つで2役!のベビーアイテムを買おう こんなに小さな赤ちゃんなのに、お世話に必要なあれこれは数え切れないほどあります。ベビーベッドやベビーカー、車のベビーシートやバウンサー、おむつ替え台に赤ちゃん用の椅子…「必需品リスト」の終わりはどこにあるのでしょう? 支出を文字通り半分にしてくれるのは、そういったベビーアイテムの中で2通りに使えるもの、さらに良いのは赤ちゃんと一緒に「育つ」家具などです。 例えばベビーベッドがよちよち歩きの子供のベッドに変わるとか、車に乗せればベビーシートとして、家の中ではハイシートとして使えるベビーベッド、それから新生児用のバスタブでも大きくなるまで利用できるものなど、さまざまです。 1台2役のアイテムは節約に役立つだけではありません。家のなかに家具が占める場所も断然少なくなります。 赤ちゃんが生まれる前に買い過ぎない Image credit: Unsplash 初めて子供を迎える身として、会えるのが楽しみ過ぎてベビーショッピングも過熱気味になってしまうのは当然です。結果としてまだ生まれてもいない赤ちゃんに使ったお金がすでに相当な額、というのもよくある話。 正直な話、ベビーのおもちゃや靴、プレイジムなどは後からでも十分です。しかも赤ちゃんは身長や体格はもちろんのこと、ねんねや食事、遊びの好みも千差万別。そんな状況で親にとってのベスト(かつ安上がり)な選択肢は、出産前はぎりぎり最低限必要なものしか買わない、ということ。洋服やおむつ、ミルク育児なら粉ミルクなどをひと月分。それ以外の買い物は赤ちゃんが生まれてからのお楽しみとして取っておきましょう。そうすれば赤ちゃんが実際いるもの、そして無くてもなんとかなるものはどれだろう、とよく見極めることもできます。出産後に買い物をする、というだけでかなり節約できるのです。 特定の性別に偏っていないアイテムを選ぶ 子供が2人以上欲しいとがんがえているなら、どちらの性別でも使えるようなデザインのものを選びましょう。 そうすれば2人目が生まれた時、ベビー用品はだいたい揃っているということになります。特にベビーベッドやベビーカー、ベビーシートなど高価なアイテムに関しては有効です。 今度買い物に行った時、鮮やかなピングのベビーシートが目についたら、一度考え直して見て。ユニセックスの色やスタイルを選べば長い目で見た時にかなり節約になります。 でもふと思うのが、それってベビーグッズだけの話じゃない、ということ。 同じようなルールをホームインテリアに当てはめてみる のもいい考えですよね! おむつやミルクはスマートに Image Credit: Unsplash 赤ちゃんの最初の1年で最も高くつき、繰り返し行うことになる出費が食事と衛生関連です。そう、つまり粉ミルクとおむつですね。 栄養補給に関して医師は少なくとも最初の6ヶ月は…

Read More

[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]