Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

理想のレイアウトを!ソファのレイアウトで見違えるリビング作りのコツとは

お部屋をコーディネートする際に、まず考えるレイアウト。
特にリビングの主役でもあるソファの配置はとっても重要です。家族の人数や、それぞれのライフスタイルに合わせてソファの配置を考えて理想のお部屋を叶えましょう。

 

まずは動線から

レイアウトを考える上で最も大切な動線の確保。
キッチンへの移動はスムーズか、ドアの邪魔はしていないか、バルコニーへの出口を邪魔していないかなど、まずは自分や家族のライフスタイルをイメージしながら動線を確保しましょう。しっかりと動線が確保できていないと、インテリアや家具に接触して、事故に繋がることもあるので注意が必要です。

人がスムーズに動ける幅は約50cmですが、すれ違うことや、ものを運ぶこともあるので、70〜80cmの幅を意識しましょう。また、棚などの引き出しがある家具を置く場合には、引き出した時に十分に中のものを取り出せるスペースも必要です。

 

部屋が狭い場合

ワンルームや、1K、1DKなど、空間があまり広くない場合は、動線自体を少なくして、リラックス空間を広く確保する必要があります。視覚的にも部屋にゆとりを見せるために床の面積を広く見せるレイアウトを意識しましょう。

例えば、壁側にピッタリとソファをくっつけて、動線はソファ前のエリアのみ、ソファの後ろに隙間を作らなければ自ずと空間は広くなります。また、縦長に家具を配置するのではなく、正方形のスペースを意識すれば、より空間の余白が強調されて部屋を広く見せることができます。

 

一体感のある空間にするには

ダイニングテーブルなども含めて一体感のある空間にするには、ソファを壁や窓際に置いて、座った時に部屋の内側を向くように配置します。
すると、ダイニングテーブルでお茶している人や、ソファでくつろぐ人たちも分け隔てなく、顔をみながら会話することができ、一体感のあるリビングになります。

キッチンやダイニングからの導線もスッキリしているため、開放感があり、部屋全体を見渡すことができるので、特にお子さんやペットのいるご家庭におすすめのレイアウトです。

 

食事のスペースとくつろぎスペースを区切るには

ダイニングやキッチンを背にソファを配置することで、食事のスペースや、生活空間をなるべく視界に入れずリラックスできる空間を作る方法です。空間にメリハリが生まれ、生活のリズムを切り替えたい人におすすめです。
ダイニングとリビングを分けたようなレイアウトなので、部屋の数が増えたような感覚を楽しめます。

ソファの背面をあまり露出したくない場合は、ソファに背中合わせになるように棚を置けば、ダイニングからはソファの背が見えずに区切られたインテリアを楽しむことができます。

ただし、この配置はソファの左右に十分な動線が確保できるかしっかりと確認が必要です。また、テレビを置く際はダイニングから見えるようにするのか、ダイニングを背にした時に、ソファからテレビまで十分な距離がとれるかということも意識しましょう。

無理に区切ったことで、動線が狭くなってしまうと、視覚的には快適でも日常生活の中で少しずつストレスが溜まってしまうので、よく確認してから置くようにしましょう。

 

赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭は

こちらの記事で赤ちゃんと生活するお部屋作りの注意点を紹介していますが、まだ小さなお子さんがいるご家庭でソファを置く場合はさまざまな注意が必要です。
特に、背もたれからの落下や、窓際に置いていて、窓からの事故などを防ぐために、小さなお子さんがいるご家庭では窓から離れた位置で、壁との間に隙間を作らないように注意しましょう。

 

ソファのレイアウトで悩まないスマートソファ

携帯電話を充電できるスマートソファならソファ周りのコンセントの悩みも解決できる

ソファでくつろぐ時、スマホやタブレットの充電に迷うことがあると思います。特に部屋の中心にソファを配置した場合、電源からの距離が遠くて充電中のスマホを手元に置けなかったり、人が通る動線に充電コードが伸びているなんてこともあるかもしれません。そんな時はコンフォートワークスのスマートソファがおすすめです。

ソファカバーをオーダーする時にオプションでスマートソファを選べば、ソファカバー自体にUSBポートやワイヤレスチャージャーが備え付けられているポケットをつけることができるので、ソファのレイアウトで悩む必要がありません。

 

終わりに

今回は理想のお部屋を叶えるための、レイアウトについてご紹介しましたが。いかがでしたか?

ソファの配置を変えるだけで、一体感のある空間やメリハリのある空間を叶えることができるので、さまざまな方法をぜひ試してみてくださいね。

コンフォートワークスでは、すでに廃盤になってしまったソファやヴィンテージのソファでも、ブランドの構造が許す限りフルオーダメイドでソファカバーを作ることができるので、カバーリングタイプでないソファでもスマートソファにすることができます。

コンフォートワークスのソファカバーが気になった方はぜひ生地サンプルをご確認ください。

 

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]
[class^="wpforms-"]