著者

Yasuyo

2020/11/05

  • シェア
  • ピン
  • Eメール
日差しを全身に浴びるウィンドウチェアはベンチソファで叶えられる

みなさんベンチソファというものをご存じですか?

スリムな見た目で、スッキリとした印象のベンチソファはどんなインテリアにも合わせることができるマルチなソファなんです。そして使い勝手がよいので、リビングだけでなくダイニングや窓際、廊下や玄関などでも大活躍!

そんなベンチソファにベンチクッションを組み合わせるとどんな魅力的な空間が出来上がるのでしょうか?本記事では、ベンチソファ×ベンチクッションの魅力とオススメのコーディネートをご紹介します。

窓際を最高の癒し空間に
太陽の光を全身に浴びるウィンドウベンチ

窓際にベンチソファを置くことで憧れのウィンドウベンチが完成します。ベンチクッションと合わせてフカフカの座り心地。
ベンチクッションカバー生地:キノシャドー
出典:https://www.instagram.com/comfortworks_japan/

海外などでよく目にするウィンドウベンチ。ウィンドウベンチは大きな出窓の下に備え付けのソファなどが置かれたおしゃれで憧れのインテリアです。

日本ではあまり馴染みのないウィンドウベンチですが、窓際に背もたれのないベンチや低めの本棚を置くだけで簡単にウィンドウベンチを作ることができるんです。出窓がなくても大丈夫!
ベンチの上に横長のベンチクッションを敷くことで読書やコーヒータイムなど、自分の時間を楽しむのにぴったりの空間が完成します。

窓際に背の低い本棚や棚を設置し、その上にベンチクッションを敷けば簡単にウィンドウベンチがDIYできるんです!
画像引用: Courtesy of Aifaresidency.com

さらに窓際の壁に沿ってベンチを置くため、壁が背もたれの代わりになり安定感もバッチリ。背もたれがない分、空間を広く保つことができるのもその魅力の一つです。ベンチソファにベンチクッションを組み合わせればふかふかと座り心地も快適に。太陽の光をたっぷり浴びたクッションと共に最高の癒し空間を手に入れましょう。

シンプルなデザインで飽きがこない
生活になじむダイニングにはベンチソファがおすすめ!

汚れやすいダイニングチェアにはあえてベンチソファを!ベンチクッションカバーを汚れに強い生地にすればお手入れも簡単!

カウンターにはもちろん、テーブルにだって綺麗になじむのがベンチソファの魅力。少しごちゃっとしがちなダイニングはあえてスリムで横長なベンチソファを置くことで見た目もシンプルにスッキリとした印象になります。

スリムでスッキリした見た目のベンチソファは、ダイニングにぴったり!
画像引用: unico

食事をとるスペースのダイニングはリビングや寝室などに比べて汚れが気になりやすい場所。汚れが不安でダイニングソファを躊躇してしまう方も多いはず。

そんな方には、コンフォートワークスのオーダーメイドクッションカバーがおすすめです。コンフォートワークスで取り扱う布生地は、人気のキノシリーズを始め、全ての生地が洗濯機での丸洗いが可能!もしものときにも安心です。

元々カバーリングではないソファでも、コンフォートワークスのカバーを上から取り付けることもできるのでご安心ください。

また、ダイニングに最もおすすめしたいのがイージークリーンブレンドという生地です。

イージークリーンブレンドは表面にナノコーティングがされているため、液体が染み込みにくく、お手入れも簡単。汚れてしまってもさっと拭き取ることができるので、汚れが付きやすいダイニングにぴったりなんです。

痒いところに手が届く!
玄関にはぜひ小さめのベンチソファを

玄関にベンチソファを置くだけで快適さが全然違います!ちょっとした時にあってよかったと感じるベンチソファは実は玄関にぴったり!

玄関に少し余裕があったら小さなベンチソファをおいてみてはいかがでしょうか?腰掛けて靴をはいたり、荷物をちょっと置くのにも何かと便利で、実はベンチソファは玄関にこそおいてほしいアイテム!

ベンチソファをDIYしてみませんか?IKEAのベンチに合うクッション材を購入し、コンフォートワークスでベンチクッションカバーを注文するだけでオリジナルのベンチソファが作れます。
画像引用: IKEA JAPAN

もししっくりくるサイズのベンチソファが見つからなかったら、背の低い収納ボックスや、シンプルなウッドベンチをデッドスペースに置くのもいいですね。そのままだと味気ないな、というときには収納ボックスやベンチの上にクッションを敷けば簡単にベンチソファをDIYできます!

コンフォートワークスではオーダーメイドでクッションカバーをお作りすることもできるため、小さなサイズのソファベンチでもお好みのクッションカバーを組み合わせることができますよ。

座り心地もよく玄関で家族を待つのも全く苦じゃありません。収納が増えて玄関もすっきり!こちらもぜひ一度試してみてくださいね。

部屋を広く見せるだけじゃない!
ベンチソファがお部屋の休憩スポットに

寝椅子は使い方次第でベンチソファに早変わり!お気に入りのカバーをかければ素敵な休憩スポットに。
ソファ:ソーデルハムン寝椅子 生地:Luna Flax(廃盤)
出典:https://www.instagram.com/comfortworks_japan/

メインのソファはあるものの3人がけだと少し足りない。部屋を広く見せたいけど、リビングとダイニングの間がなんだか間延びしているように感じる。そう思ったことはありませんか?
そんな時はベンチソファを置いてみてください。背もたれがないタイプのベンチソファを置けば、部屋が区切られたような圧迫感もなく広々とした印象を保ったまま、「なんだかちょっと物足りない…」というあなたの不満を解消してくれるはず。
少し幅の広いベンチソファにベンチクッションを組み合わせれば、子供達の遊び場にも、ちょっとした寝椅子にも変身することができるベンチソファ。その時の使い方で自由自在に表情を変えることができるので、いつの間にかお部屋の休憩スポットになっているかもしれません。

今回はベンチソファを置いたインテリアの魅力とそのベンチソファをより快適にするベンチクッションについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?コンフォートワークスでは、今回ご紹介したベンチクッション以外にもさまざまなクッションカバーをお作りしています。オーダーメイドクッションカバーをおつくりすることもできるので、ぜひご自宅のソファーに合わせたオーダーメイドカバーをご注文ください。

クッションカバー注文方法

クッションカバー商品ページにてサイズをご入力いただくとそのサイズでの金額が表示されます。またカバーの価格はお選びいただく生地によっても異なります。商品ページにてお好きな生地をお選びいただくと、その生地でのカバーの金額が表示されますのでぜひチェックしてみてください!