著者

Hema

2019/08/29

  • シェア
  • ピン
  • Eメール
ダイニングチェアカバー:お金をかけずにダイニングルームの印象をがらりと変えよう!

いつからか覚えてないくらい前からずっと薄汚れたベージュ(みたいな)色だった椅子。古くて単調なダイニングチェアに飽き飽きしていませんか?

それならオーダーメイドのダイニングチェアカバーで、明るい空間にふさわしい変身を叶えましょう!

長い裾付きのダイニングチェアでスーパー・シックでモダンなファームハウススタイル?それともぴったりフィットなスタイル?どんなものも私たちは「カバー」しています!

使い古されたチェアの見栄えがよくなるだけでなく、自分の個性を出すこともできるチェアカバー。

今回は、お好みのスタイルやインテリアにぴったりのオーダーメイドチェアカバーを作るヒント集です。

#1 パイピング・コーディング

ダイニングチェアカバー:お金をかけずにダイニングルームの印象をがらりと変えよう!(パイピング)

パイピングはあなたのダイニングチェアカバーを個性豊かに見せる楽しい方法です。カバー生地と同色で控えめにするのもよし、特にアームレストのついたダイニングチェアなら、大胆にコントラストの効いたパイピングを施すのも素敵。

#2 リボン

ダイニングチェアカバー:お金をかけずにダイニングルームの印象をがらりと変えよう!(リボン)
コンフォートワークス × Freckled Laundry Project

リボンはダイニングチェアにスウィートで上品なタッチを出してくれる素晴らしいアクセント。チェアカバーを締めるように、背面でリボンをつけるのはいかがでしょう?シャビーなファームハウスルックを目指す方には断然おすすめです。

#3 プリーツ

ダイニングチェアカバー:お金をかけずにダイニングルームの印象をがらりと変えよう!(プリーツ)

クラシックでコテージ風のスタイルをお好みなら、ダイニングチェアカバーにはプリーツがあると良いですね。高さのあるプリーツは洗練された印象があり小さめのひだは可愛くて楽しい感じのする見た目になります。

#4 ボタン

ダイニングチェアカバー:お金をかけずにダイニングルームの印象をがらりと変えよう!(ボタン)
Image Credit: Greenlaureldesigns@Etsy

「小さなつぼみのような可愛さ」って言うでしょう?ダイニングチェアカバーについているボタンもつぼみみたいなものです。とっても可愛くなりますよ!カバーの背面の中心でもいいですし、こんなふうにサイドにしつらえるのも素敵なアクセントになります。

自分でダイニングチェアカバーをデザインしてみよう!

いろいろと試してみる価値のあるアイディアだと思いませんか?やってみたいものはぜんぶ入れて、作ってみましょう!私たちのお問い合わせ先info@comfortworks.com.au までEメールいただければ、あなただけのダイニングチェアに最適のスタイルやカスタムオプションを一緒に検討できます!

オーダーメイドチェアカバーにしつらえたい、おすすめのディテールやポイントを他にもご存知の方はぜひコメント欄で教えてくださいね!