著者

Peony

2020/02/04

  • シェア
  • ピン
  • Eメール
bedroom-pink-orange

世の中の多くの家と同じく、私の家にもなくてはならないIKEA商品がいくつもあります。IKEAの家具がない家なんてそうそうないですよね?


あなたにもIKEAと言えばこれが定番!という愛すべき家具が思い浮かぶはず。あまりに身近過ぎて、無くなってしまったときのことなんて考えられませんよね。

良いものはなんでも分かち合うというのが私の信条です。今回は私の大好きなIKEA定番商品をみなさんにもご紹介したいと思います。

1. RÅSKOG/ロースコグ ワゴン

もはやIKEAの代名詞のような、本当に何にでも使える商品です。私はスキンケア商品や化粧品、ヘアドライヤーやヘアアイロンをまとめて収納しています。何より素晴らしいのはこのキャスター。家の中どこにでも移動できるので、明るい部屋にいってメイクするなんてこともとっても簡単にできますよ!

 

2. KLIPPAN/クリッパン ソファ

定番のIKEAソファ、というお題目があったとしたら、世の中の人はおそらくクリッパン派とエークトルプ派に二分されるでしょう。

個人的には私はクリッパン派。シンプルでクリーンなフォルムが好きです。

モダンでミニマルな部屋ならどんなインテリアにも合いますし(私も自分の家で実証済み)ソファカバーを替えて雰囲気をがらっと変えるのも悪くありません。お手入れもとても楽になりますね!

3. MALM/マルム ベッド

クリッパン同様にクリーンで無駄のないフォルムのマルムのベッドも大好きです!

下に収納ボックスがついているタイプのものを選べば、これ以上のものはないと実感できるはず。素敵に見せる改造術をお探しの方は、マルムを好きな色に塗装してみてください。


でも私個人としては、流行に左右されない明るいウッドの色のままが好きですね。

4. PUDERVIVA/プデルヴィーヴァ ベッドリネン

世の中のリネンのベッドシーツについて一言申すことがあるとすれば、良いものはいつも断然予算オーバーだということ。

でもこのプデルヴィーヴァのシーツは別です!

高級リネンシーツと同じような触り心地を保ちつつ、お値段はとっても手頃なんです。

しかも!枕カバーや掛け布団カバーなどは、口をリボンで閉じるようになっているのでちょっと素敵に見えるところもいいですね。

5. BOLMEN/ボルメン ステップスツール

IKEAボルメンステップスツール
画像引用: IKEA

ボルメンのステップスツールがない家なんて想像できません!

家の中でちょっと手が届かないな、というシチュエーションは(とくに私みたいなチビにとっては)頻繁にあります。お客さん用のタオルが棚の一番上に入ってるとか、キッチンの棚の奥のほうにひっそりとしまわれているタッパーが全然使われないままだとか…。

ボルメンのステップスツールがあればそんなものも簡単に手が届きますし、使わない時はたたんでしまっておけるのも素晴らしい。

このスツールなら、お皿洗いを子供達が手伝ってくれる、なんていうときにも役に立ちます!

英才教育は小さいうちから始めなくてはね。

6. STOCKHOLM/ストックホルム ミラー

ストックホルムのミラーは家のインテリアにほんの少しの北欧スタイルを加えてくれる素敵なアイテムです。

北欧デザインがお好きならこの大きくて丸いミラーは完璧。

非対称なウッド板も見栄えが良く、バスルームや寝室、あるいはリビングへの廊下など、家のどこに掛けても合うデザインです。

7. VARDAGEN/ヴァルダーゲン グラスセット

どんなときでも見栄えが良いお手頃価格のグラスセットなら、IKEAのヴァルダーゲンが私のチョイスです。

この溝が入った表面のおかげでグラスが滑らずに持ちやすいですし、またこの溝のデザインが、ありふれたグラスとは一味違う佇まいを見せてくれているんですね。

8. BLANDA MATT/ブランダ マット サービングボウル

ブランダ マット サービングボウルは本当に使い勝手が良い商品です。

そもそも私はメタルより木のボウルが好きなので、ブランダ マットボウルが気にいるのも当然なのですが。この大きさはサラダをさっと混ぜてテーブルに出すのにちょうどいいし、買ってきたフルーツをいれておくのにも最適。

とにかくこの見た目がいいので、コーヒーテーブルなどにも気軽に置いておけるんです。

 

さあ、お金をかけずに家のインテリアを充実させる方法、もっと知りたくありませんか?こちらの3つの記事も是非参考にしてみてくださいね!

賢い家具の買い方:お金をかけたいもの、節約したいもの

ダイニングチェアカバー:お金をかけずにダイニングルームの印象をがらりと変えよう!

お金をかけずに家の模様替えを楽しむ方法